競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

ダイワメジャーが天皇賞・秋を勝ったときの競馬予想

2017/03/28

中継する男性

競馬業界は、その変化がとても目まぐるしいです。競馬を取り巻く環境は年単位で大幅に変わることが多く、少し前は常識だった予想がいつの間にか通用しなくなっていることがあります。ですので、競馬予想では、変化を常に柔軟に受け入れていくことが大切です。

競馬予想において変化を受け入れるという観点で私が思い出すエピソードは、ダイワメジャーが天皇賞・秋を勝ったときの予想です。ダイワメジャーが天皇賞・秋を勝ったときは、ファンからそれほど高い支持を受けていない4番人気でした。

天皇賞・秋に臨んだダイワメジャーの前走は、毎日王冠で1着です。当時すでに皐月賞を勝っていたダイワメジャーは、G1ホースとしての勲章を持っていました。

そんな馬が前哨戦の毎日王冠を快勝したにもかかわらず本番で1番人気にならず4番人気にとどまっていたのはなぜでしょうか?それは、ダイワメジャーが「東京コースを不得意としている馬」と見られていたからです。

現役を引退した時にはもうそんなイメージが完全に払拭されていましたが、当時のダイワメジャーは「東京コースが苦手ではないか」と見られていました。毎日王冠を勝つまでのダイワメジャーは東京未勝利でした。その中には、日本ダービーや安田記念の敗戦も含まれています。

同じ関東の中山コースでは皐月賞を含めて勝利を複数挙げていましたので、典型的な「中山が得意で東京が不得意な馬」だと見られていました。

しかし、ダイワメジャーは、東京コースの毎日王冠を快勝しました。この勝利により「ダイワメジャーは東京コースが苦手ではない」と、私は確信しました。しかし、競馬ファンのすべてがそう簡単に馬のイメージを切り替えられるわけではありません。

中には「1回勝っただけではまだわからない」「全幅の信頼を寄せるわけにはいかない」という競馬予想をした人がいたはずです。その結果、スイープトウショウ、アドマイヤムーン、コスモバルクに人気を譲っての4番人気でした。

ここで私はダイワメジャーに本命を打つことができたのですが、とても良い予想ができたと自画自賛しました。ダイワメジャーの変革を敏感にキャッチし、それを競馬予想に迷うことなくダイレクトで活かすことができたのです。

いつもそんな上手く競馬予想できるわけではありませんが、まずはちょっとした変化やきっかけを活かすことが大事です。そのきっかけは毎週のレースの中にいくつもあると思いますので、それらを見逃すことなく競馬予想に反映させていきたいです。

-関連記事

スポンサーリンク