競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

チューリップ賞における競馬予想について

2017/03/28

ノートとペンを持つ女性

今週阪神競馬場で行われるチューリップ賞は、レベルが高いといわれている三歳牝馬でも特にレベルが高い馬たちが出走します。中でも現状では三歳牝馬の1番手と2番手の評価を受けている、GⅠ阪神ジュベナイルFの1着馬と2着馬のソウルスターリングとリスグラシューが出走することもあり、この結果が本番にも直結しそうです。

これだけをみれば競馬予想をする場合には、馬券的な旨味のないつまらないレースになりそうな感じに見えますが、そうは簡単に決まらないのが競馬の面白いところです。

というのも圧倒的に人気を分け合いそうなこの2頭のうち、どちらか片一方だけでも馬券圏外に沈んだだけで、一気に馬券的に旨味が出るというレースに変わるからです。

1頭だけならばまだしも、2頭も人気馬がいればどちらかは来ないということは、実際に競馬ではよくあることです。しかもチューリップ賞に関していえば、確かに2頭の実力は抜けているのでしょうが、それ以外の馬たちもかなり粒が揃っているということがあります。

例えば3番人気が予想されるメリッサなどは、オークス馬シンハライトの妹という良血馬です。

前走のエルフィンSでは3着に敗れたとはいえ、スムーズな競馬ができていれば勝っていたかもしれないというだけのポテンシャルを見せました。それ以外にもOPの紅梅Sで1着と2着のアロンザモナとエントリーチケットなど上位2頭に割って入ってもおかしくない馬が揃っています。

そういう意味で言えば競馬予想する上ではかなり楽しそうなレースになるのかもしれません。

そこでもしも来ないとしたらどちらの馬かという事が競馬予想する上で最も重要になります。

ソウルスターリングやリスグラシューにも弱点といえるものはあるので、そこが注目点となるでしょう。ソウルスターリングに関していえば、ポイントはやはり父のフランケルになりそうです。というのも競馬予想するときには血統を見て予想をするのが普通なのですが、フランケルに関しては日本での初年度産駒だということもあり、なんのデータもないからです。

同じフランケル産駒のミスエルテが、気性難のためにまともに競馬ができませんでしたが、ソウルスターリングにはそういった部分が見られなかったとはいえ、久々の休養明けで急にそういった面を見せるということも十分にありえるのです。

リスグラシューに関しては、脚質という点から展開に左右されそうです。あまりにもスローペースになると、追い込んでも届かないかもしれません。もしもこの2頭で決まりガチガチの結果になった場合は仕方がないと割り切って、競馬予想をするのもいいでしょう。

-関連記事

スポンサーリンク