競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

桜花賞の競馬予想での最後の判断材料になるフィリーズレビュー

2017/03/28

チェックシート

3月12日の阪神競馬場では、桜花賞の競馬予想を行う上での最後の判断材料になるGⅡフィリーズレビューが行われました。結果はレーヌミノルとカラクレナイという人気を集めた馬が1着2着になるという、ある意味順当な結果に終わりました。

単勝1倍台という人気を集めたレーヌミノルは、前走は馬が掛かり気味で逃げてしまい4着に敗れてしまいましたが、レースのレベルが高かったGⅠ阪神ジュベナイルFで3着という実積からここでは人気になったのでしょう。

そのレーヌミノルは前走は逃げて負けたという反省からか、今回は逃げずに控える競馬を試しました。とはいえこれまでも逃げはしなかったとはいえ2番手くらいの前めでは競馬をしていた馬なので、控える競馬をするのもなかなか苦労しているようでしたが。

ここでレーヌミノルにとっては不運なことに、前半と後半でタイムが2秒も違うくらいのスローペースな競馬になってしまいました。

元々折り合いに苦労していただけにこのスローペースで結局抑えきれなかったのか、あるいは騎手が焦って早めに仕掛けてしまったのかは分かりませんが、4コーナーを回る頃には早めに先頭に立ってしまって、最後は後方から伸びてきたカラクレナイに差し切られてしまいました。

一方勝ったカラクレナイにとっては、このスローペースの上がり勝負という展開の競馬は向いていたのでしょう。勝利騎手インタビューでデムーロ騎手は、思っていたよりも位置が後ろになってしまったと話していましたが、元々末脚には定評のある馬だけに、結果的にはこれが吉と出たようです。鮮やかな差し切り勝ちでした。

デムーロ騎手は今回の勝利で、6週連続重賞勝利ということになりました。

もう少しすれば春のGⅠシーズンがスタートしますが、デムーロ騎手はルメール騎手に比べて馬質では少し劣っている感じです。ですがこの勢いがこれからも続くようだと、春のGⅠシーズンの競馬予想はデムーロ騎手を中心に回すといいのかもしれません。

桜花賞の競馬予想という面で見れば、勝ったカラクレナイは当然のこととして、負けたレーヌミノルも桜花賞では十分に勝負になりそうなので注意が必要です。特に負けたレーヌミノルに関しては、早めに先頭に立ったこともそうですが、直線では内側に切れ込んでしまいました。

これがもう少しスムーズな競馬ができていれば、勝ち馬との差ももっと縮まっていました。

3番人気だったジューヌエコールはこの不利で4着に敗れてしまいましたが、この馬も桜花賞では十分に馬券圏内はありそうです。

この3頭に関しては、桜花賞の競馬予想でも注目しておくといいでしょう。

-関連記事

スポンサーリンク