競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

競馬はとても魅力の詰まったスポーツとしても楽しめます

2018/02/17

女性

4種類ある公営ギャンブルの中でも、競馬はダントツの人気を誇っています。これは、他のギャンブルとは違って馬と人間が共になって競争するからこそです。

他のギャンブルはそれぞれ自転車やオートバイ、またはボートに乗った選手同士のレースですが、競馬はまず主役になる競走馬、そしてそれを操る騎手が一体となってレースを行います。

競走馬は当然生き物なので、どれだけ強い馬であってもレース当日に調子が出ないことがあったり、レース中にアクシデントが起こることもままあります。また、同じ馬でも騎乗する騎手によって乗り方が違うので、このような面が予想を難しくしているのです。

その他にもギャンブルとしての魅力が満載の競馬ですが、競走馬の歴史にはギャンブルとしてだけでは終わらない魅力があります。馬は3歳にもなれば人間で言うと立派な成人です。その為、大抵の競走馬は6~7歳程度で引退を迎えます。競走成績が良かったり、血統的に期待できそうな馬はその後は繁殖入りし、その2世、3世が再び競馬場を走ります。

大きなレースを勝った馬の子供が同じレースで親子制覇をしたり、親子3代に渡って同じレースを制覇するなど、競走馬自体の成績を見ているだけでも面白いのが競馬だと言えるでしょう。

好きだった馬の子供がデビューすればその馬を応援しようと考えたり、強い馬が出てきたと思ったら実はあの馬の子供だったというようなことも多く、ギャンブルとしては見ずにスポーツとして見ても充分に楽しむことができます。

もちろん主役を競走馬ではなく、騎手に置いても構いません。応援している騎手が居れば乗る馬には関係なく応援に力が入るというもので、騎手としての記録が懸かっているレースなどでは尚更です。競馬と言うだけでギャンブルの1つだとしか思われないことも多いかも知れませんが、公営ギャンブルの中でもこの競馬だけは多少異質の存在とも言えるのです。

ただ単に何番の馬が勝った、払い戻し金がいくらだったというだけの競技ではないのです。

競走馬は入れ替わるサイクルが早く、5年も経てばもうその馬の子供が誕生していることも多いです。長い間競馬に興味を持っていると、必ず聞いたことのある馬の子供が走っています。

この繰り返しで歴史を築いているのが競走馬で、そこにロマンを感じることができるのが競馬なのです。馬券はほとんど購入しないのに競馬に詳しい人も居るように、純粋なスポーツとしてもこれだけの魅力が詰まっているのです。

-関連記事

スポンサーリンク