競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

競馬を取り巻くメディアについて

2017/06/26

メガネと携帯とキーボード

今は競馬に関するメディアがとても豊富な時代です。テレビはもちろんそうですが、ラジオ、雑誌、ネット、SNSなどで競馬の話題が頻繁に取り上げられています。そのため競馬に関する情報量が次第に多くなり、競馬は今やとてもポピュラーな娯楽として定着しています。

昔は競馬ファンでない人だと、日本ダービーと有馬記念ぐらいしか知らない人がとても多かったです。今でももちろんそういう人はいるのでしょうが、もう少し詳しい人が多くなっているように感じます。特にツィッター上では、競馬の重賞レースに関することがよくトレンドになっています。それがGⅠともなれば、かなりの数の関連ツィートがあるのですから驚きです。

昔だったら年季の入った競馬ファン同士が、飲み屋で語らうぐらいしか交流はありませんでしたが、今はツィッターを日常的に利用するような若い人が競馬に関心を寄せているのです。

現代はいろいろな娯楽に対して若者の「何々離れ」が深刻になっていますが、競馬に関してそれは当てはまらないかもしれません。

単に話題にしているだけで、実際に馬券を買っていない人もいるでしょうから、売り上げどうこうはわかりませんが、それでも若い人が関心を持っているのは競馬界全体にとって明るい話題です。とにかく若い人に興味を持ってもらわなければ繁栄はありませんので、ネットでもSNSでも話題になるのはとても良いことです。

そして、もっとディープな話題を知りたいなら、ネットだけではなく競馬番組を観たり、競馬雑誌を買ったりするのがメディアとしておもしろいです。

今の競馬メディアは、だいぶ初心者向けになっていてあまり難しくない話題が多いですが、それでも競馬番組や競馬雑誌では、かなり深いところまで掘り下げています。

特に競馬番組では、騎手や調教師への貴重なインタビューが公開されることも少なくありませんので、いかにテレビ向けとはいえ興味深い話を聞くことができるのはおもしろいです。さらに、競馬雑誌ともなるとさらに深いところに話が及んでいることもあります。

競馬ファンにしかわからないような血統に関する記事や、とことん馬券的中にこだわったデータ系の記事などは、競馬がわかってくるととても読みごたえがあります。

さらに、競馬雑誌の場合はサラブレッドを撮影した写真が数多く掲載されていることもありますので、写真をじっくり見るというのも楽しみ方です。競馬を取り巻くメディアは時代とともに変化していますが、今はとても恵まれているのでいろいろと楽しめます。

-関連記事

スポンサーリンク