競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

サートゥルナーリアの圧倒的な強さが目立った2020年の金鯱賞

2020年3月15日の中京競馬場のメインレースは、第56回を数える金鯱賞でした。大阪杯や宝塚記念といったG1レースへと先に続く伝統あるG2ですので、好メンバーが顔を揃えました。

特に注目が集まったのは、サートゥルナーリアの参戦です。昨年の有馬記念は2着でしたが、すでにホープフルSと皐月賞を勝っているG1馬です。有馬記念を圧勝したリスグラシューは引退していますから、今年はサートゥルナーリアが中心になるといっても過言ではありません。

ファンから大きく期待されたサートゥルナーリアの単勝は、1.5倍を切り最終的には1.3倍でした。

レースはサートゥルナーリアが好スタートを決め、無難に好ポジションを取ることができました。

絶対的な1番人気らしいスマートな競馬ですが、これをすんなりとできるのがサートゥルナーリアの主戦を務めるルメール騎手の凄さなのかもしれません。

一方サートゥルナーリアの対抗株と目されていた5連勝中の上がり馬ロードマイウェイは、後方10番手からの競馬になりました。

前走が外差しの競馬だったのである程度後ろからいくことは想定されていましたが、それでも直線がそれほど長くない中京競馬場であることを考えるとやや厳しいポジション取りになってしまいました。これは枠が外目だったことも、微妙に影響していたのかもしれません。

直線に入ってからロードマイウェイが後方で伸びを欠く中、サートゥルナーリアは実にスムーズに先頭に躍り出ることに成功しました。

実績が右回りの競馬場に集中していたこともあり、サートゥルナーリアには左回り不安説がありました。中京競馬場は左回りですから、もしかしたら上手く走れない可能性もあったのです。

しかしサートゥルナーリアはそんな不安説を一蹴するような快走を見せ、最終的には2着のサトノソルタスに2馬身差をつける圧巻の内容で堂々と完勝しました。G1馬サートゥルナーリアにとっては通過点のG2とはいえ、左回りにまったく不安がないことを証明してみせたのは見事です。

これなら右左に関係なく好走を期待できますし、G1勝利をさらに積み重ねていく可能性は十分あります。

2番人気と期待されながらも10着に敗れてしまったロードマイウェイは残念でしたが、2着のサトノソルタスと3着のダイワキャグニーは大健闘の好走でした。これをきっかけに力をつけていけば、この先の重賞でも見せ場があるはずです。

ただサートゥルナーリアの圧倒的な強さばかりが最も目立っていたレースでした。

-関連記事

スポンサーリンク