競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

フェブラリーステークスで感心した競馬ファンの馬券の上手さ

2018/07/25

グーサインをする女性
今週行われた競馬のGⅠフェブラリーステークスは、二番人気のゴールドドリームが鮮やかに抜け出して勝ちました。それに続くかたちでベストウォーリアが2着、一番人気のカフジテイクは後方から追い上げるも結局3着に終わりました。

それにしてもフェブラリーステークスで感心したのは、馬券を購入している人達の馬を見る目の確かさでした。私はゴールドドリームは抑えとして馬券自体は買っていたとはいえ、正直なんでこの馬が二番人気なんだろうと戦前はオッズを見て思っていました。

前走のGⅠチャンピオンズCでは見せ場なく12着に敗れていますし、その前も2着と3着と勝てていなくて、重賞は1勝しかしていなかったからです。

しかもゴールドドリームに勝った馬達も、いまいちパッとしない馬達でした。

古馬との対戦では勝利がなく、結局去年の三歳ダートの世代レベルが低かったのかなとまで思っていたのですが、そんな馬を二番人気にしたあげく勝ってしまうのですから、馬券を購入している人達は上手いですね。

東京競馬場で距離がマイルと、フェブラリーステークスと同じ条件のユニコーンステークスやヒヤシンスステークスで勝ち、またこちらも同じ条件の武蔵野ステークスで2着という実績があるので、この条件は特に合っていたということもあるのでしょう。

2着のベストウォーリアに関しては、またこんな結果かといった感じでした。というのもベストウォーリアは、今回の結果を含めると5走連続2着になるからです。

走ったレースはGⅠ・GⅡ・GⅢと相手関係やレースのレベルがさまざまで、しかも走った競馬場も4場に渡り、さらに負けた馬が全て違う馬とバラエティーに富んでいる訳ですから、多分ベストウォーリアはどんな条件でどんな相手でもあと一歩足りない馬なんでしょう。

若いときは勝ちきれるかわりに馬券外もあったことを考えると、安定感が出たかわりに決め手がなくなったのかもしれません。

ただ馬券を購入する側からすれば、計算できるので買いやすい馬ではあります。一番人気ながら3着に敗れたカフジテイクは、レース後位置取りが悪かったのではないかといわれています。

確かに道中の位置取りやコース取りはよくなかった部分があるのかもしれないですが、もともと器用な馬ではなくこんな脚質のせいで極端な競馬しかできない馬なので、そもそも上手く乗っていても2着までだったでしょう。

ただやはり能力はあるということは再確認できたので、今後に期待です。競馬ファンの馬券の上手さと、ゴールドドリームやカフジテイクのようなGⅠ未勝利の馬達が活躍したことによるダートの世代交代を感じた一戦でした。

-関連記事

スポンサーリンク