競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

今週の競馬は東西両重賞とも大荒れ

2018/07/25

困っている男性

競馬ファンの中では今年の競馬は本命ばかりで決まる堅い競馬ばかりだと言われていました。

実際に平場はともかくメインレースだけを見てみると、本命で決まるという割合が比較的多くて、もし本命が負けたとしても馬券圏内には残るということがほとんどで、結果的に配当的には堅いレースが続いていたからです。

ですがこういった流れやジンクスというものは、競馬に限らないことですが、みんなが気づいたり言い出したりすると途端に途切れてしまうということがよくあります。

例えばこの馬はこういった条件でくるといった傾向も、少数の人間が気づいているときならまだしも、多くの人間が気づいたりそれをマスコミなどが取り上げたりすると、急に途切れてしまうという経験を私自身よく経験しているのです。

今回某掲示板などで今週の競馬が始まる前に、今年の競馬は堅いとのスレッドが立っていたのを見たときは、それらの経験からなんとなくそろそろ荒れるのかなという予感はしました。

ただ今週は東西の両重賞とも有力馬が何頭も出走予定だったこともあり、そうはいっても今週も堅いだろうという予想の方が上回ってしまいましたが。

結果だけをみると、当初の予感が的中するという形になりました。東西の両重賞とも人気の馬がことごとく飛んでしまい、三連単どころか三連複や馬単でも全て万馬券となったのです。

阪神競馬場に関しては、最低人気のナガラオリオンが3着に来たことにより、三連単が200万円を越えるという大荒れでした。単勝1倍台で圧倒的一番人気だったシュウジだけではなく、二番人気のロサギガンティアまで来ないとは誰も思わなかったのでしょう。

一方の中山競馬場で行われた中山記念に関しては、一番人気のアンビシャスと二番人気のリアルスティールが来なかったとはいえ、三番人気のネオリアリズムが勝ったことにより阪神ほどは荒れませんでした。それにしても凄まじいのがMデムーロ騎手です。

中山記念を勝った事により今月だけで重賞が5勝、4週連続で重賞勝ちという絶好調振りです。

年明けからまるで精彩がなく、不甲斐無い競馬が続いていたとは思えないくらいの活躍振りでした。元々Mデムーロ騎手は好不調の波が激しい騎手であり、好調時には誰も止められない騎手になることを考えると、しばらくは逆らわない方がいいのかもしれません。

ただこのようにしばらくはMデムーロ騎手だけ買っていればいいかと思っていたら、その途端に急に勝てなくなってしまうのも競馬ではよくあります。馬券を買うときは、しばらくはそこの見極めが重要になりそうです。

-関連記事

スポンサーリンク