競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

初めての家族での競馬場

私はずっと競馬場が気になっていて、いつか見に行きたいと思っていました。

ただ私が競馬場に足を運びたい理由はギャンブルをしたいというのではなく、ただ単純に「走っている馬を見たい」というものでした。

私は小さい頃から馬が大好きで、趣味で乗馬を始めてしまうほどの馬好きでした。馬はすごく感情表現が豊かで、人のことをよく見ています。

目もとても大きくて濁りのない美しさがあります。また、なんと言っても走っている姿が絵になります。

青空のした、牧草地を走り抜ける姿はとても様になります。まさに走る芸術品だなと感じました。そして一度、この目で全力疾走する馬を見てみたいというのが私の夢でもありました。
でも一人で行くのはすごく勇気が要ります。私の中で競馬=ギャンブルというイメージが強かったからです。

どうしても朝早くから新聞紙を片手に持って列をなして並んでいる男性の姿が目に浮かんで、あそこに並ぶ勇気はさすがにないな・・・と諦めていました。それに怒号が飛び交ったり、お酒に酔っている人がいて怖いイメージもありました。
しかし、結婚をしてからそのことをさりげなく夫に話してみたところ、一緒に行ってみる?と意外な返事が返ってきたのでした。

まだ小さい子供もいるので大丈夫かと心配していましたが、夫は笑いながら「今の競馬場は誰でも楽しめるし、気軽に行けるから大丈夫!」とのことでした。見るだけの人はパドックと呼ばれる場所から見るそうで、そこにはレース前のリラックスした馬達を見ることもできます。

更に食べ物などの持ち込みも可能で、ピクニック気分で訪れることができるはそうです。聞いた時は半信半疑でしたが、初めて競馬場に行けるということで心はウキウキしていました。
そして家族で競馬場へ行った日、本当に夫の言っていた通りでビックリしました。

家族連れが結構多く、カップルで来ている人達もいました。なかには一人で来られている人もいて、すごく和やかで自由な空間でした。

外側からは見えなかった世界を初めて目にした私は、もっと早くに夫に言えば良かったと思いました。持参したレジャーシートに腰をおろして双眼鏡で馬が歩いているのを眺めていました。騎手の隣で堂々と歩く姿はとてもかっこよく、絵になりました。
レースが始まる時の緊迫した雰囲気に私の気持ちはすごく高揚しました。

子供もじっと黙ってレースを見つめているほどでした。

目の前を馬がトップスピードで走り抜ける姿には本当に感動して、今でも目に焼き付いています。競馬を実際に目にしたことで、更に馬への愛情が増しました。また訪れたいと思います。

-関連記事

スポンサーリンク