競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

定年退職後は是非とも競馬を楽しみましょう

2018/07/25

男性

定年退職後、仕事を完全にリタイアされた方は何をして良いものか迷われるのではないでしょうか。それと気になる点がもう一つ、それは頭がいつまでも健全でいられるかどうかなのではないでしょうか。

残念ながら頭は使わなければ使わないだけドンドンダメになっていきます。しかし実際に何をすれば良いのか分からないという方もいらっしゃることでしょう。そのような方には是非とも競馬をおすすめしたいですね。というのも、競馬ほど頭の体操に最適な遊びはないからです。

まず、競馬は記憶力の遊びになります。単純に山勘で馬券を買うのであれば関係ありませんが、それでは的中率は大きく下がってしまいます。なので、競馬は山勘ではなく記憶力に基づいた、きっちりとした理由があってこそ買う意味があるわけですね。その競馬に関する記憶ですが、これが実に多彩なんですよ。

それこそ競走馬個々の特性や実績はもちろんですが、その父母の血統の傾向、騎乗する騎手の特徴、調教師の傾向など様々な要素を絡めながら覚えておかなければならないわけです。

そして何よりも大切なのが競馬のレースそのものを記憶しておくと言うことですね。出走する競走馬は、新馬戦でない限りは必ず前回も何らかのレースに出走をしています。そのレースの内容を記憶し、どのようなレースだったのかを自分の中で咀嚼しておく必要があるわけです。

具体的に例を挙げるとしますと、前走のレース内容はハイペースで前崩れの展開、その中にあって5着に踏ん張った馬がいるとしましょう。一方で、前走は同じくハイペースで後方から一気に差し脚が決まって2着に来た馬がいるとしましょう。

そして今回のレースはと言うと、先行馬が少ないのでペースは遅くなりそうです。

さて、買うのはどちらが適当でしょうか。答えは前者です。着順だけに着目しますと後者に触手が伸びてしまいますが、今回は前回とは異なるレース展開になる確率が高くなるわけですから、前走の着順はそのまま鵜呑みにすることは出来ません。もちろん実力があれば後者でも来てしまいますが、馬券的な妙味を考えると前者を買った方が良いという判断になるわけです。

実は競馬を嗜む人々は、こうしたことを日々続けているのです。だからこそ、頭の体操になり得るわけですね。もちろんレース展開は例の一つに過ぎません。血統の傾向を把握して買い目を絞るやり方もあれば、競馬場のコース特性を把握して枠順や脚質で絞るやり方もあります。

さらには騎手で買うという方法も有り、競馬の楽しみ方は百人いれば百通りあると言っても良いでしょう。ただ一つ共通していることは、山勘ではなく記憶力に基づいた理論を用いて買っていると言うことです。だからこそ、定年後の嗜みとして競馬は最適であると言えるわけです。ボケ防止にもおすすめですよ。

-関連記事

スポンサーリンク