競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

東京競馬場を攻略するためのポイントは差し馬や追い込み馬

2018/07/25

チェックをつけていく手

東京競馬場は、日本ダービーやジャパンカップなどの大レースが行われる競馬場です。

コースの幅がとても広く、競走馬が走りやすい競馬場といわれています。そんな東京競馬場では、1年を通してたくさんのレースが行われます。そして、行われるレース数が多いということは、東京競馬場の特徴をつかんでおけば、その特徴を馬券に反映させることができます。

普段から地方競馬を中心に馬券を買っていたり、中央競馬をやるときも関西やローカルが中心というなら、東京競馬場のことをあまり深く知らなくても良いのかもしれません。しかし、関東圏に住んでいてGⅠレースをはじめとした大レースやクラシックを楽しみたい競馬ファンが馬券を買うなら、まず東京競馬場を攻略しなければ馬券で好成績を残すことは難しいです。

まず、東京競馬場を表す特徴として無視できないのはその直線の長さです。4コーナーをまわってから直線に向むくわけですが、なかなかゴールまで到達しません。そのため直線で順位が入れ替わることは日常茶飯事です。この直線の長さを活かせるのは、差し馬や追い込み馬です。

差し馬や追い込み馬はレースの間は後方に控え、直線を向いてから全力で走り出します。

そのため、直線は長ければ長いほど、末脚を活かしやすくなります。ただし、差し馬や追い込み馬をやみくもに狙えば良いというわけではありません。差し馬や追い込み馬の中でも「長く良い脚を使える馬」が東京競馬場では台頭しやすいです。

たとえ差し馬や追い込み馬でも一瞬の脚しか使えない馬は、むしろ小回りコースや関東だと中山向きの馬です。その点を理解していないと、馬券を買うときに失敗してしまいます。

2017年の根岸Sを制したカフジテイクは、後方から前の馬をすべて差しきる豪脚を披露しました。これはカフジテイクが長く良い脚を使ったからで、一瞬しか使えていなかったら途中で失速していたかもしれません。

このレースで、カフジテイクは東京向きの馬であることがわかりました。本番のフェブラリーSは同じ東京ですので、200mの距離延長と相手強化という不安はありますが、次戦も有力候補の1頭に数えて良いはずです。

このカフジテイクのような馬を、普段の条件戦からでもまず狙っていきたいです。

ただ、気をつけたいのは東京競馬場でも前残りのレースがある点です。全部差し馬や追い込み馬を狙えばそれで安心というわけではなく、適度に前残りの馬もおさえなければなりません。そのバランスを間違えなければ東京競馬場のレースで行われる馬券が当たりやすくなります。

-関連記事

スポンサーリンク