競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

競馬におけるスタートの重要性について

2018/07/25

指をさす女性

シルクロードステークスのダンスディレクターを見ていて思ったのは、競馬においてスタートというものがいかに重要なのかということです。ダンスディレクターのように、能力がありながらもスタートの下手さに足を引っ張られている馬を見ると、余計にそう思います。

そもそも競馬においてよく勘違いしている人がいるのが、どうせ後方から競馬をするのならばスタートは別に遅れても構わないのではないかということです。

ただここでポイントになるのが、出遅れて仕方がなく後方から競馬をするのと、スタートを上手く出たのに自分から後方に控えて、競馬をするのはまるで違うということです。

というのも、出遅れるというのはゲートを出るタイミングが合わなかったり、馬がゲートを出るのを嫌がったりといった場合に起こることなので、その時点で馬のメンタルが正常ではなかったり、馬のバランスが崩れていたりしているからです。

つまりそこでまともに競馬ができるように調整するだけでも、かなり馬の力を無駄に使ってしまうのです。それに出遅れが酷い場合だと、いくら後方で競馬をするとはいえ、さすがに前の馬と離れすぎているのも問題なので、前の馬に近づけるために足を使ってしまいます。

ここで足を使ってしまうという行為が、最後で足が無くなってしまい負けるということによく繋がるのです。またその前の馬に近づけるという行為には、別の問題もあります。

というのも、馬は頭の良い動物で人間の言うことをよく聞くとはいえそれでも限度があり、ここで前の馬に近づけるように指示をすると、それを全力を出す合図だと勘違いをして、そのまま全力で上がっていこうとする場合があるのです。

これは実際にダンスディレクターにもよく起きたことなのですが、それを抑えようとした騎手と喧嘩をしてしまい、道中ずっと掛かり気味などといったことが起きた結果、そこで力を使い果たして最後は惨敗します。

掛かる馬は長距離を走っている場合が多く、そのときには距離を短くすることによって解消されるのですが、こういった馬の場合だと距離とか関係がなく短距離でも掛かるので厄介です。

つまり前に行く馬だけではなく後方にいる馬にとっても、スタートというものはそれほど重要だということなのです。馬だけでなく騎手にもスタートの上手い下手があるのですが、スタートの上手い騎手にはそれだけで需要があります。

武騎手や福永騎手などはスタートが上手い騎手だといわれていますが、こういった騎手は感覚的なものなのかなんらかのコツというべきものを持っているのかもしれません。

-関連記事

スポンサーリンク