競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

競馬を予想する際に重要なポイントとは競馬場の特性を知ることです

2018/07/25

女性

競馬の予想方法は数あれど、これは絶対に無視してはいけない重要なポイントというものがあります。それは、競馬場の適性です。その当たりに無頓着な人は、競馬場なんてどこで走っても同じだろうと思われるかもしれません。

しかし、一昔前までならまだしも、かなりレベルの上がってしまった現代競馬では、ちょっとした得意不得意が勝敗を大きく分けてしまうようになっています。

ですので、競馬場の適性というものは非常に重要なものになっているわけですね。

なお、基本的に競馬新聞には過去の競馬場ごとの成績が掲載されています。少なくても今回走る競馬場の成績は掲載されていますので、人気でもその競馬場で連敗続きであるようならば、疑ってかかる方が良いでしょう。逆に、人気はないもののその競馬場で好成績を残しているようであれば、穴馬の一頭として検討する余地は大いにあります。

実際に例を挙げますと、東京競馬場と中山競馬場ではそのコース形態は大きく変わります。そのため、東京競馬場で負け続けていた馬が中山競馬場に変わった途端に激走するなんてケースはよくあるのです。もちろん、その逆のパターンもありますね。

それでは、具体的に関東2場の競馬場の特性についてお話をさせていただきましょう。

まずは日本一の競馬場である東京競馬場についてです。東京競馬場は直線が長く、その途中になだらかな坂があります。勾配自体は中山競馬場の坂と変わらないのですが、長くダラダラと上がっていく感じなのでそんなにキツくはありません。

そのため、坂が得意ではない馬でも走りやすいコースとなっています。また直線が長いことから、前半はペースが落ち、後半で一気にペースアップしていく傾向にあります。そのため、後方からでも思う存分走れる競馬場になります。

一方で中山競馬場はと言えば、直線は300m少々と短く、さらには急坂があるのが特徴です。100m少々で一気に駆け上がっていかなければならず、坂が苦手であればまず無理でしょう。そのため、中山競馬場ほどコースの得意不得意が明確に現れる競馬場も無いと言えます。また直線が短いことから、後ろからでは届きにくいのも特徴です。

ですので、前半は早くなりがちで後半も我慢比べという展開になりやすいですね。

このように、同じ関東の競馬場であってもその求められる適性はかなり異なります。だからこそ、三冠レースや秋競馬の主要G1三連戦に価値があるわけです。ここを勝ち抜くというのは問答無用で、強いと評することが出来るわけですからね。

しかし一般的にはこれらを平気で勝つ馬は珍しいので、やはり競馬場の特性を理解しつつ得意な馬、不得意な馬を選別して馬券攻略の一助にするのが良いと言えるでしょう。

-関連記事

スポンサーリンク