競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

競馬ファン注目の三歳ダート界

2018/07/25

お金とグラフ

最近は競馬ファンの間では、先日行われたヒヤシンスステークスの事が話題になっています。その原因は日本競馬に今年から、ケンタッキーダービーの出走枠が与えられたからでしょう。

去年の上半期の三歳ダート路線の話題の中心といえば、ドバイで行われたUAEダービーを勝ったラニでした。UAEダービーはGⅡとはいえ、賞金は日本のGⅠよりもレースによっては多いほどの高額賞金ということもあり、元々日本の馬がよく出走するレースでした。

招待レースだという事もあり、遠征費を負担してくれるという事も大きかったのでしょう。

ただそれ以外にも人気があった理由があり、それが勝ち馬にはケンタッキーダービーへの出走権が与えられることでした。世界の競馬界においてはどの国でもダービーというものは別格の扱いがされるものですが、その中でも芝のイギリスダービーとダートのケンタッキーダービーは特に別格のレースとして位置づけられています。

ただケンタッキーダービーはアメリカの馬ですら出走が難しい事もあり、それが外国の馬だとさらに難しくなるという事があったので、その出走権を得る事ができるというのはかなり貴重な事でした。それを去年は日本馬のラニが、UAEダービーを勝つ事により手に入れたのです。

ちなみに日本馬がケンタッキーダービーに出走したのは、1995年の第121回に出走したスキーキャプテン以来なので、約20年以上出走すらしていません。

ただこの当時は今と違い出走枠の確保すら難しいという時代ではなかったことを考えると、実質ラニこそが初めてだといえるのかもしれません。

ラニはケンタッキーダービーだけではなくプリークネスステークス・ベルモントステークスとアメリカの三冠レース全てに出走するという日本馬では初めての偉業も同時に達成しました。

アメリカの三冠レースは日本とは違い短期間で行われることもあり、最近はアメリカの馬ですら皆勤は珍しくなっているのに、遠く日本から遠征した馬が皆勤したのですから、これはまさしく偉業だといえるでしょう。しかもこの三冠レースを走るたびに、9着→5着→3着と順位を上げていったのですから、本当に規格外の馬です。

このことは当然アメリカでも話題になり、それがあったからこそ日本にケンタッキーダービーの出走枠が今年から与えられることになったのです。

日本では海外のレースの馬券を去年から購入できることになり、それに目を付けたアメリカがベルモントステークスに日本馬が勝つとボーナスを付けることを表明しました。こういったことからも、今年も日本からアメリカの三冠レースに出走する馬が現れそうで楽しみです。

-関連記事

スポンサーリンク