競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

競馬予想が簡単だった阪神大賞典

2018/07/25

ノートとペン

阪神競馬場で行われた阪神大賞典は、現役最強馬と評判のサトノダイヤモンドが本番の天皇賞・春を見据えた上で、ここをどのような勝ち方をするのかが、競馬予想をする上での注目ポイントでした。結果は、大方の予想通りサトノダイヤモンドが危なげない勝ち方を見せたのですが、少し物足りないと感じた人も多かったのではないでしょうか。

レース当日はサトノダイヤモンドが単勝1.1倍という圧倒的な一番人気となり、それに続くのがシュヴァルグランという形になりました。

この2頭に人気が集中してしまったために、馬連が140円という重賞では滅多にお目にかかることがないくらい、安い配当となりました。どう考えてもこの2頭で決まるとしか思えなかったので、競馬予想のやりがいという面では、それほど面白いレースではありませんでした。

レースは淡々とした展開で進んだ後、最後の直線で先に抜け出したシュヴァルグランを、サトノダイヤモンドが少し気合を入れただけで軽く差し切りました。

切れ味で適わないシュヴァルグランが、勝つにはあの展開しかなかったでしょうし、そう考えると福永騎手は完璧な騎乗をしていたといえます。さらに、馬に関しても明らかに仕上げ途上だったサトノダイヤモンドに対して、シュヴァルグランはマイナス10キロと完璧に仕上げてこの結果ですから、本番は余程のことでもない限り逆転は難しいでしょう。

サトノダイヤモンドに関しては、確かに完勝ではありましたが、GⅠの大阪杯ではなくわざわざ得意な距離である阪神大賞典に出走したことを考えると、タイムは良かったとはいえ、先にも述べたように少し物足りなくもありました。

というのも、シュバルグランを抜くときの反応が、思っていたほどではなかったからです。サトノダイヤモンドは神戸新聞杯を勝った時も、いまいち勝ち方が良くなかったことを考えると、休養明けはこういう感じなのかもしれません。

とはいえ、勝負は結果こそが全てであり、それを考えるとこの結果にはなんの問題もないのですが、やはりそれだけこの馬に対する期待というものが大きいのでしょう。

この2頭で決まるのが馬連一番人気というのは当然なのですが、5番人気だったトーセンバジルを含めるのが3連複の一番人気だったのは少し意外でした。

重賞勝ちもない、トーセンバジルが3着にくると考えた人がこれほど多かったというのは、競馬予想する人たちのレベルの高さを物語っています。元々、長距離の適性が高いとは言われていましたが、本番でも3着はあるかもしれません。

-関連記事

スポンサーリンク