競馬マニア

競馬マニアは、競馬予想と馬券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

2017年期待できるジョッキーは誰か?

2018/07/25

ハテナマークをもつ男性
2017年の競馬も2開催近くが終了しました。今年のリーディングジョッキーは一体誰になるのか、現時点の成績を振り返りながら予想してみたいと思います。(成績は2月17日現在のものです。)今年開幕ダッシュを決めたのが田辺騎手です。今のところ17勝でトップです。

昨年も総合7位と活躍していますが、今年は昨年以上の活躍も期待できそうです。社台系の馬にそれほど騎乗しているわけではありませんので、この成績には価値がありますね。

そのあとはデムーロ騎手、武騎手、内田騎手が16勝で並んでいます。この中で注目なのがレジェンド武騎手ですね。ここ数年では騎乗馬もあまりぱっとせず、怪我などで不本意な成績だった年もありましたが、今年は勢いを感じさせてくれます。

JRAの数々の記録を打ち立ててきた騎手で、実績は十分です。今年は本気でリーディングを狙っているのかもしれません。これからも注目したいですね。

その次は14勝で二人が並んでいます。ルメール騎手と福永騎手です。ルメール騎手は昨年惜しくもリーディングに届かず2位でした。昨年の有馬記念を勝ったサトノダイヤモンドのほか、クラシック候補にも有力馬がそろっています。

リーディング奪取だけでなく、大レースの騎乗にも期待できる一人です。福永騎手はリーディングをとった実績もありますが、最近は落馬事故などもあっていまいち流れに乗れていない印象があります。ここからの巻き返しが注目されるところです。

そのあとは1勝差で、和田騎手、吉田隼人騎手、戸崎騎手と続きます。和田騎手はテイエムオペラオーで知られる騎手ですが、その後G1での勝ち星がありません。

そろそろG1勝ちも欲しいところです。吉田隼人騎手はがんばりが目立ちます。ゴールドアクターで有馬記念を制したのが2015年です。真の一流ジョッキーになれるか、今年は正念場かもしれません。戸崎騎手は昨年のリーディングジョッキーです。今年は少し出遅れた感もありますが、ここから本来の実力発揮となるか注目したいところです。

2017年の競馬もまだまだ始まったばかりなので、現時点での成績だけでは確実に判断できませんが、今年も昨年活躍した騎手が実力を発揮しそうです。特に、外国からJRA騎手となったデムーロ騎手、ルメール騎手、そして公営の大井競馬からJRA騎手となった戸崎騎手は、そのハングリー精神を活かして、今年も活躍するのは間違いなさそうです。

それに対して武騎手や福永騎手といったJRA生え抜きの騎手がどのように戦っていくのか、今年も騎手の戦いは興味が尽きないものになりそうですね。

-関連記事

スポンサーリンク